Redo of Life 自己破産で人生のやり直しをしよう!

多額の借金で苦しんでいる人に人生をやり直すために与えられた債務整理の方法の一つが自己破産です。

TOP B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟の訴訟費用と検査費用について

B型肝炎訴訟の訴訟費用と検査費用について

国内のB型肝炎の持続感染者のうち、40万人以上が集団予防接種等の際の注射器連続使用が原因とされています。国はこの責任を認めて、集団予防接種等でB型肝炎ウィルスに感染した人に、給付金を支給しています。

給付金を受け取るには、裁判所で要件に合致するか調査する必要があるので、国を相手に国家賠償請求訴訟を提起しなければいけません。

対象者であると認定されれば、病態に応じて50万円から3600万円の給付金が支給されます。それに加えて、B型肝炎訴訟手当金として、訴訟費用として給付額の4%に相当する額と、特定B型肝炎ウィルス感染者であることを確認するための検査費用が支給されます。

B型肝炎訴訟の給付金が支給される要件について

注射器の連続使用による集団予防接種でのB型肝炎ウイルス感染した方を、一次感染者と呼びます。

現在もウイルスに持続感染していること、満7歳までに集団予防接種を受けたことがあること、母子感染やその他の感染原因に該当しないことが要件となります。

一次感染者から母子または父子感染した方を二次感染者、二次感染者からさらに感染した三次感染者、そしてその遺族も受給対象者です。B型肝炎訴訟の給付金は、現在発症していない方でも受給可能です。もしも受給後に症状が現れた場合には、追加で救済を受けることができます。また、感染から20年以上経過した方には定期検査手当が出ます。

B型肝炎訴訟での給付金請求は症状が無い人も対象

B型肝炎ウイルスにかかってしまうと、すぐに症状が出てこなくても何年か経過した後に慢性肝炎や肝がんなど命に関わる病気に進行することがあります。

昭和63年1月27日以前の集団予防接種による注射器の使い回しで感染した人は、B型肝炎訴訟を起こすことによって給付金を受け取ることができます。肝臓の病気を既に発症している人はもちろん、症状のない「無症候性キャリア」の人も対象になります。自分がウイルスに感染しているかどうか分からない人は、採血だけで分かりますので、医療機関などで一度調べてみると良いでしょう。

家族など身近にB型肝炎患者がいる場合は、キャリアの可能性が高まりますので、より検査の必要性があります。

B型肝炎訴訟を行うために

B型肝炎訴訟は、予防接種をおこなった際に、注射器の使い回しによってB型肝炎に感染した方が、国に対して国家賠償の請求をおこなうことをいいます。

B型肝炎の感染源は多岐にわたるため、特定は困難ですが、幼少期などに特定の病院で接種され、現在B型肝炎に感染されている方は、国家賠償の請求ができる可能性があります。いずれにせよ、絶対に一人では悩まず、弁護士などの専門家に相談してみて、適切な対処方法を検討する必要があります。

B型肝炎は大変怖い病気です。訴訟によって完治できる病ではありませんが、泣き寝入りは避けるべきです。

B型肝炎給付金を受け取る手段

行政の広報ホームページなどに、度々B型肝炎給付金制度やウィルス検査の呼び掛け等が記載されています。乳幼児に受けた集団予防接種から発生した感染者は、相当数にのぼり、感染した人々が国に賠償を求めたのが集団訴訟です。給付金の請求期限が2022年1月までとなり、時間的制約が迫っています。

支給対象、給付金の請求方法、医療記録、検査結果などの証拠の収集など、複雑多岐に渡り、当事者や家族だけではなかなか進まずいるのかと思います。また、気付いていない人も多いと思います。心当たりのある人や家族に心配がある人は、無料相談窓口や弁護士事務所の無料相談窓口、ホームページなどを参照することをお勧めします。

B型肝炎訴訟やB型肝炎給付金の関連情報

MENU

Redo of Life 自己破産で人生のやり直しをしよう!TOP 過払い 過払い請求 自己破産 債務整理 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟費用