Redo of Life 自己破産で人生のやり直しをしよう!

多額の借金で苦しんでいる人に人生をやり直すために与えられた債務整理の方法の一つが自己破産です。

自己破産で人生のやり直しをしよう!

自己破産とは債務者自らが自己破産の手続きを行うことが可能です。
しかし、自己破産には、法的な知識が必要で、裁判所に借金の返済能力がない旨をきっちりと把握してもらうことが必要です。

弁護士や司法書士に依頼する方が望ましいのですが、自身も、自己破産を行うのであれば、どういった手続きが必要なのか。
自己破産を行うとどうなるのかなど、しっかりと把握しておく必要があります。

自己破産では裁判官の意見が重要に?司法書士に相談を

自己破産では、基本的には法律で定められたルールにしたがって手続きが進められていきます。法律で手続きが定められているということは、法律で定められた条件さえ満たしていれば成功する可能性が高いということです。

しかし、ギャンブルや浪費で借金をたくさん作ってしまった場合などには、免責不許可事由となり、借金をゼロにできないことがあります。そのようなケースでは、裁判官の意見が重要になります。免責不許可事由に該当していても、悪質でない場合には裁判官の裁量によって免責が下りることもあります。

素人では判断が難しいので、まずは弁護士や司法書士に相談をしてみましょう。

早期解決を望むなら債務整理と自己破産。借金問題は弁護士に相談。

借金問題の相談、過払い

借金の返済が大変になって相談する際には過払い請求が行われる事が多い様です。債務整理は少しでも返済額を縮小するために行われる物です。

ですので、まずは債務者の借金状況を確認して過払い金が発生していないかどうかを確認します。

しかし、常に過払い請求は債務整理と同時に行われるという物ではありません。単独で過払い請求だけを行うという事もできます。

返済状況はそれほど切羽詰まっている分けではないという人でも、気軽に過払い金を取り戻す事もできます。

この様な相談は弁護士や司法書士が行っており、最近ではこの事で相談にやってくる人は多い様ですね。また、すべての返済が終わってからも請求する事はできます。

借金相談の中で過払い金請求のメリットとは早めに司法書士に自己破産相談
過払い金の借金相談は無料相談サービスを利用自己破産についての誤解

B型肝炎の訴訟で給付金を得るにはカルテは重要

B型肝炎では通常訴訟で勝訴して、その後に賠償金としての給付金を得ることができます。その裁判の過程の中では、訴えたの請求原因を証明する証拠が必要です。

B型肝炎では、医療に掛かっていた状況を示すものでカルテは重要です。この書類によって受診状況が把握できるので最も重要な資料です。しかしカルテにも保存の年限があり、そろわない時には請求者の受診歴がわかる医療費の明細書でも可能な場合もあり、医療報酬の点数が書いてあり受診種別がはっきり明記してあるのは普通なので、この資料があれば訴訟資料として十分に機能します。

B型肝炎の訴訟と給付金。B型肝炎の治療で悩んでいないで弁護士に相談

B型肝炎訴訟で厚生労働省が支払う給付金

日本国内においてB型肝炎訴訟は非常に多くおこなわれており、厚生労働省はそれら肝炎感染者に対して給付金を支給しています。

B型肝炎にはいくつかの感染ルートが存在しますが、現在行われているB型肝炎訴訟において焦点となっている感染経路は、過去の集団予防接種時で使いまわされた注射器によるものです。

この肝炎感染者は現時点で110万人から140万人に上ると推定されており、訴訟で取り上げられた昭和23年から63年時の感染者だけでも、推定40万人以上とされています。

厚生労働省はそれらの肝炎感染者に対して、病態に応じた給付金を支給しています。

B型肝炎の訴訟費用と診断書について特殊なケースのB型肝炎訴訟を弁護士に相談

MENU

Redo of Life 自己破産で人生のやり直しをしよう!TOP 過払い 過払い請求 自己破産 債務整理 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟費用