Redo of Life 自己破産で人生のやり直しをしよう!

多額の借金で苦しんでいる人に人生をやり直すために与えられた債務整理の方法の一つが自己破産です。

TOP B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟費用 B型肝炎の訴訟費用と診断書について

B型肝炎の訴訟費用と診断書について

B型肝炎において、訴訟費用と診断書は非常に重要なものとなってきます。

訴訟費用というのは、告訴をする費用のことで、もしも裁判で負けてしまった場合はその全てを支払わなければいけません。ただし、勝訴した場合には、相手側が全て負担するようになっています。

その勝訴において重要なのが、診断書です。

B型肝炎で、どれだけの病状が出たのかということを事細かく書いてくれるお医者さんに書いてもらうのが一番です。投げやりな診断書だと、裁判でも不利となり、訴訟費用も嵩む結果になりかねません。

B型肝炎訴訟は大変なものなのです。

B型肝炎訴訟の手続は法律に基づいて行われている

B型肝炎訴訟の一連の手続は「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」に基づいて行われています。

この法律は、2011(平成23)年12月に国会で成立し、翌月に施行されたもので、これにより1941(昭和16)年7月2日から1988(昭和63)年1月27日に生まれて、満7歳になるまでに集団予防接種を受けた人は、B型肝炎訴訟を提起し、国との和解が成立すれば症状の重さに応じて給付金が支払われるようになりました。

当初、この法律は2017(平成29)年1月12日までが給付金の請求期限とされてきましたが、2016(平成28)年の通常国会で改正法が成立したことにより期限は5年間延長され、給付対象も拡大されました。

B型肝炎は年齢と関係があるか

B型肝炎はウイルスが血液を介して感染します。その為母親がウイルス感染者であると生まれる子供の感染のパターンや輸血や手術等の医療分野や性行為や入れ墨注射針の使い回しなどで感染します。

戦後は注射針の使い回しの多さ不衛生さから年齢的に7歳まで辺りの幼児が集団予防接種でB型肝炎の感染と言う事故が多く発生しました。

現在は針を使い捨てにする等でかなり改善されています。その為年による感染の具合よりも感染経路を把握する方が予防に直結している傾向です。

どちらにしろ幼児の場合は本人が判断する事は難しいので責任丸投げになると幼年齢が感染し易くなる事になるので見定めが必要になっています。

B型肝炎訴訟を再発防止につなげる

B型肝炎訴訟は、薬害や医療過誤によってB型肝炎に感染させられた患者がおこなっています。薬害はもう何十年も前から繰り返し起こってきたことで、再発防止が常に叫ばれてきました。

それが再び起こっているわけです。今度こそ、薬害が二度と起きないようなシステムづくりが求められます。責任が問われなかったら、再び同じことは起きます。

B型肝炎訴訟に参加している患者の方々は、いつ被害者になるかわからない国民全体のためにも戦ってくれていると言えます。ひとごとと無関心でいるのではなく、いつでもわが身にも起こり得ることとして、向き合うことが求められます。

B型肝炎給付金を受け取るための呼びかけ

集団予防接種での注射器の乱用によって感染した人々が、国に賠償を求めた集団訴訟によってB型肝炎給付金が成立しました。B型肝炎ウイルスは肝硬変、肝がんに進行し、最悪死に至ることもあります。

B型肝炎の潜在的対象者は、150万人から300万人とも言われています。自覚症状がない方が多く、国ではウィルス検査をするように呼びかけています。ホームページにはB型肝炎給付金制度の解説からウィルス検査の解説など様々な情報が記載されているので、一度覗いて見てください。給付金を受け取るためには煩雑な手続きが必要となるので、当事者の対応力なども必要とされます。

B型肝炎訴訟やB型肝炎給付金の関連情報

MENU

Redo of Life 自己破産で人生のやり直しをしよう!TOP 過払い 過払い請求 自己破産 債務整理 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟費用