Redo of Life 自己破産で人生のやり直しをしよう!

多額の借金で苦しんでいる人に人生をやり直すために与えられた債務整理の方法の一つが自己破産です。

TOP 交通事故弁護士 過失で変化する交通事故における慰謝料

過失で変化する交通事故における慰謝料

同程度の交通事故であったとしても、過失によって慰謝料の金額が全く違ってくる事もあります。被害者が信号無視をするなどした場合には、交通事故の慰謝料を算出する際に、保険会社が過失を考慮します。

交通事故の慰謝料を決定する段階において過失は重大な争点になる事もあります。目撃者がいる交通事故では客観的意見をきく事ができ、慰謝料を決める時に参考になる事もあるでしょう。

しかし、目撃者がいない時には、証言をもとに交通事故の慰謝料を決定していく事になります。一瞬の事で何が起こったか分からない事もある様で、ケースによっては微妙で難しい場合というのもあるかと思います。しかし、どこかで線引きをする必要があります。

交通事故弁護士や交通事故慰謝料の関連情報

交通事故慰謝料のケース

交通事故にはいろいろな種類があります。最も多いのが自動車による道路上での交通事故です。交通事故には、人身事故と物損事故があります。

人身事故は人と自動車がぶつかる事故のことです。物損事故は建物などの物と自動車がぶつかる事故のことです。原因には環境要因、人的要因があります。

多くの場合は2つの要因が重なり事故になっています。交通事故には慰謝料が発生することがあります。

相場は状況によって異なりますが、重症な怪我を負った場合や、死亡したケースは慰謝料が高くなるケースが多いです。

また、怪我が軽傷であっても、人的要因が卑劣極まりない場合、慰謝料が高額になる場合もあります。

交通事故慰謝料請求の仕方について

万が一交通事故の被害に遭った場合、慰謝料の請求は事故を起こした相手側にすることができます。慰謝料の計算方法にも、最低限度の金額を請求できる自賠責保険基準や任意保険基準、高額請求が見込める弁護士基準の3種類があります。

むち打ち症における慰謝料の相場は、不安定であることが多いため、金額が安く見積もられてしまうことも少なくありません。

交通事故に遭ったら症状が全くない状態であっても、後から症状が出てくる場合もあるため、病院にかかっておくことや専門家である弁護士に依頼することが大切になってきます。自動車保険に弁護士特約を付けていたら、費用を気にすることなく弁護士に依頼できます。

MENU

Redo of Life 自己破産で人生のやり直しをしよう!TOP     過払い    過払い請求     自己破産     債務整理     交通事故弁護士    交通事故慰謝料     B型肝炎訴訟    B型肝炎訴訟費用

交通事故慰謝料の大切さ

交通事故は身近な事故で、どれほど気をつけていても、被害者・加害者になる可能性は誰にでもあります。被害者になってしまうと、さまざまな負担を抱えることになります。

損傷した場合の修理費、怪我をした場合の治療費、生活をするうえでの負担料と精神的な負担だけではなく、お金も必要になります。

加害者は被害者への謝罪に合わせて、誠意ある対応の一つとして慰謝料が必要です。被害者の負担を軽減するためにも、相手の状態に合わせた相場の慰謝料を渡す必要があります。

交通事故が起こった際には、警察と合わせて保険会社を通すことになります。保険会社を通すことにより、スムーズに対応できます。

交通事故慰謝料の種類

交通事故の被害に遭えば、相手側に慰謝料の請求ができます。その際、その慰謝料には、被害者がなくなってしまった場合に支払われる死亡慰謝料、交通事故によって後遺症を患ったことによって支払われる後遺症慰謝料、交通事故のケガによって入院や通院を余儀なくさせられたことに対して支払われる傷害慰謝料の3つがあります。

交通事故に関わる慰謝料そのものが精神的な苦痛に対して支払われます。金額についてはその都度一から計算されることが理想的ではありますが、これまでの交通事故の裁判で認められた慰謝料の事案によっておおよその慰謝料の相場が設けられているようです。